疲れ果てた日々の掃き溜め



最終更新 12/6

オレ ログ テキスト ケイジバン


11/30 (木)

無所属の会に「分かりにくい」=民進代表、改名提案
だよねぇ。

特別リポート:米核戦略にICBMは必要か、専門家から疑問の声
> 彼らの主張はこうだ。敵の攻撃を受ける兆候がある場合、大統領はきわめて迅速にICBM発射を決断せざるを得ず、
> 脅威の真偽を検証する時間がない。ヒューマンエラーや早期警戒衛星の誤作動、または第3者によるハッキングに
> よっても、誤った警報発生の可能性がある。
まぁそれは確かにそうだが、ヒューマンエラーや誤動作は戦略爆撃機やSSBNでも起こりうるわけで、
別にICBMだけに発生する問題じゃない。
彼らが一番問題にしたいのは「迅速に決定せざるを得ず」の部分だろ。
そしてそんな決定をトランプさんのようなアホに任せるなんてもってのほかだって言いたいんだろ、
と思いながら読み進んでたら、
> ICBM戦力の一触即発性を懸念する懐疑派は、その理由として、トランプ大統領の衝動的な性格を挙げている。
やっぱりwww

> ペリー元国務長官は、ICBM発射という非常に重大な結果を招く決断を下すためには、性格的に冷静で
> 合理性を重んじる大統領が必要だと述べている。「その人物に経験や経歴、知識や落ち着きが欠けている
> とすれば、特に心配だ」
しかしまぁ、トランプさんが民主的な選挙で選ばれたってことは、
アメリカ人はそう言う人が核のミサイルを押していいと決断したと言うことだからなぁ。
今更そんなこと言われましても…ってのが正直な感想。
まぁ、最近は本当に民主的に選ばれたのか?ロシアの介入があったんじゃないのか?ってのが米国での懸念の様だけど。
それはともかく、上の懸念はジンバブエみたいな極端に権力が集中してる国であれば問題だけど、
アメリカはそういう誤判断を防ぐための仕組みや機構がちゃんと整備されてて、
それらが大統領を補佐することを義務付けられてるんだから、
大統領の資質に問題があるというなら、バックアップ機構をちゃんとすることで対策すればいいじゃない?
それをせずにICBMは危険!とか言い出すのは、なんか裏の意図を感じちゃうなぁ。
ICBMの予算を余所へ流したいとかそう言う動きでもあるの?

そう、ICBMと言えば火星15号には驚かされたねぇ。
いやね、発射の兆候は数日前から報道されていたので発射自体は驚かないものの、
ここにきてまだ新型のミサイルが出て来るの!?ってのは本当に驚き。
ホントに北はいくつの開発ラインを持ってんだろうか…
あと、今回の発射で用いられたTELまでもが新型で、しかも9軸18輪という世界最大のTELだってのも驚き。
まぁね、弾道弾の生存性を高めるにはTELに載せて車載化するか、潜水艦に載せて潜航するかしかないので、
どっちも着実に進めてる北はかなり本気で第1撃を生き延びられる核の第2撃の手段を持とうとしてるんだなぁと、改めて実感。
北はね、この辺が実に冷静で的確かつ努力の継続が堅実なのが頭の痛い話…

艦これ日記
もうすぐとある軽巡に改二が来ると言う話で、我が家の会話。
「そう言えば軽巡の改二は多摩らしいね」
「みたいだね」
「大発積める子になって欲しいなぁ。
 大発積める軽巡はいくらあっても足りないから」
「そうねぇ」
「史実では積めたの?」
「積めないよ」
「あ、そうなんだ」
「そもそも軽巡で大発積めたのなんてなかったよ」
「あ、そうなんだ」
「艦これの軽巡の改二が持ってる、あのスロープになった艦尾ってのは、
 大井北上には装備されたけど、それは大発じゃなくて甲標的を下すもんでな」
「あ、それは、北上さんの『あれは積まないでよね』?」
「そうそう、軽巡であんなスロープを持ったのは他にはなかった。
 古い駆逐艦なんかはあんな艦尾に改装されたのはあったけど」
「そうなんだ」
「そう、むしろ大発を運ぶんならあきつ丸なんだよ。
 あれは大発母艦として作られたんだから」
「ああ、前に言ってたねぇ」
「そう、あきつ丸に飛行機が積めるのは上陸時の上空支援が目的なのであって、
 着艦は想定してないので空母じゃないんだよ」
「そうなの!?」
「そうなの。
 着陸は上陸部隊が確保した飛行場に降りるか、もしくは近くに不時着するか」
「そうだったんだ…」
「そう、だからあきつ丸単独で烈風キャリアになるのはおかしいんだよ。
 むしろ大発を30隻以上積めるところを活かして、輸送量ボーナスを付けてほしい。
 あきつ丸に1つ大発積んだら、輸送量は他のフネの5倍とかそんなんで」
「あ、それいい。
 輸送ゲージの時はいつも武装を積むか、大発/ドラム缶を積むかで悩むんだよね」
「それを一気に解決するのがあきつ丸なんよ。
 あきつ丸のスロット全部に大発を入れたら大発15隻分とかになるんだったら、随伴のフネは心置きなく武装を積める。
 それでガッチリあきつ丸を護衛して、輸送ポイントまで守り抜けばゴッソリとゲージを削れるってのが、
 大発母艦としてのあきつ丸の本来の使い方だよ」
「それいい。
 陸軍が欲しがるの分かる」
「でしょ?
 これだと輸送ゲージ攻略も手早く済むし、いいことづくめだと思うんだけどなぁ。
 あと、2番艦のにぎつ丸の実装も望まれることになるだろうし」
「そうね、そう言う使い方できたらお札対策で2,3隻欲しいもんね」
「まぁ、戦争中にはにぎつ丸の次は完成しなかったんだけどな」
「え!そうなの!?」
「熊野丸だったかな?
 建造途中に戦争終わりました」
「ああー…」
「まぁ、戦争の後半は上陸作戦するとこもなかったしな」
「あ、そうかぁ。
 でも、あきつ丸の輸送ボーナスはいいなぁ。
 是非ともそうして欲しい」
「ねー」

あ、今日で今月もお終いだな。
と言うことで今月のお買い物は本に4613円、模型に1620円となりました。
少ないね。
まぁ、今月は忙しかったしなぁ。
来月はボーナスも出るしアレコレ買うだろうから、このくらいで良かったかもね。




12/01 (金)

天皇は関係発展に貢献=中国外務省
へー、だね。
まぁ中国は皇室のことに関しては割と冷静なんだよね。
やっぱついこないだまで皇帝が居たところはその辺分かってんだろうか?
つーか、韓国の反応が異常なだけ?
韓国も同じころまで李王朝があったはずなんだけどなぁ。

弁理士の日々  米第7艦隊衝突事故2件
> 操舵手は、操舵が効かないことに気づいた。操舵が物理的にできなくなったのではない。
> 操舵のコントロールが別の操作盤(リーヘルム)に移っただけだが、当直員はこのことに気づかなかった。
> 
> 加えて、操舵手が操舵不能を報告したとき、艦長は船速を10ノット、さらに5ノットに減速することを命じた。
> しかし、リーヘルム操作員の操作は、(2つの)スロットルを一緒に操作しなかったため、
> ポート側(左舷側)のスピードのみ減速した。スターボード側(右舷側)は68秒にわたって20ノットを維持した。
> 舵の間違った方向と、2つのシャフト回転不一致の問題があいまって、密集した交通エリアにおいて、
> 左側(ポート側)への命令されない回頭が起こった。
ははぁ、この舵が効かなくなったことと意図しない取り舵が、事故直後の「サイバー攻撃か?」に繋がったんだな。
蓋を開ければお粗末な話だけど、まぁ当人たちはその瞬間は焦っただろうなぁ。
しかしまぁ上のリンクのレポートを読んだが、米海軍のレベルの低下は深刻だな…




12/02 (土)

超私信
> あと家賃補助は神奈川から栃木だとこれくらい積まないとみんな転属拒否しちゃうので・・・
ああー…
なるほどね…

国民食の魚、天皇陛下が紹介=退位惜しむ声−タイ
> 皇陛下は皇太子だった1964年にタイを訪れた際、当時のプミポン国王に食料不足対策としてティラピアの養殖を勧めた。
> ティラピアはその後、タイの食卓に欠かせない国民食となり、外国にも輸出。タイでは、国の経済を支えるほどまでに
> 定着したティラピア導入のきっかけをつくった陛下の退位を惜しむ声が広がっている。
へぇー、そうなんだ。
つーか、どんな知識もどこで役に立つか分からんねぇ。
まぁ陛下の魚に関する知識は、その辺の生半可とはワケが違うんだろうけど。

救急患者の胸に「蘇生措置拒否」とタトゥー、医師らの選択は? 米
> しかし、メッセージには「Not」の部分に下線が引かれ強調されていた上に署名も入っており、
> 蘇生措置拒否の意思を理解してほしいという強い思いが見て取れた。
> そこで医師らは倫理問題の専門家に相談することにした。
> 倫理問題の専門家は「タトゥーが真の意思を示していると推論するのが最も合理的」だと述べ、
> タトゥーを尊重するよう医師らに助言した。医師らがこのアドバイスに従った結果、患者はその夜に死亡した。
へぇ、こういう手段があるのか。
いやまぁ、現場での混乱と言うか困惑は想像に難くないけどw

えええ!?
何それ…
しかも、サーレハは早々にサウジとの対話を始めるとか言ってるらしいじゃん。
これはあれ?サーレハはサウジに札束で頬っぺたはたかれた?

と言う所で、この先ちょっとイエメン情勢は大きく動きそうなので、例によって簡単解説を。
イエメンは元々北イエメンと南イエメンに分かれてた。
北はイスラムの色濃い部族連合国家で、南イエメンはソ連が支援する社会主義国家だった。
ところがソ連崩壊で南イエメンもすかんぴんになり、北イエメンに吸収される形で合併。
それで今のイエメンが出来た。
ちなみにこの時の北イエメンの大統領で統一イエメンの大統領にもなったのが、上のニュースにも出てるサーレハ。
その後は湾岸戦争の頃に南が再独立を目指して内戦が起こったりしたが、
サーレハはそれを抑えて独裁政権を敷き、アラブの春まで30年ほどを治めた。
で、アラブの春でサーレハは追い出され、ハディ大統領率いる新政府が樹立した。
が、北イエメンを地盤とするシーア派イスラム武装組織フーシ派がクーデターを起こして政権を掌握。
国外逃亡していたサーレハもこれに合流。
しかし、サウジがハディ大統領を押し立てて政権奪還を宣言し、今に続く内戦が勃発。
その混乱に乗じて、イエメンではアラビア半島のアルカイダやISISが跳梁跋扈しはじめる。
で、またこの内戦がチンタラチンタラしたもので、ある都市を取ったり取られたり取ったり取られたりを
もう2,3年繰り返してる。
まぁね、北の戦力は、イスラム武装組織の域を出ないがイランが強力にバックアップするフーシ派と、
元イエメン正規軍だったサーレハ率いる反政府軍で、
それに対する南の戦力は、サウジとUAEが戦力を出しているアラブ連合軍のみ。
サウジ軍やUAE軍はアラブの金持ち国家特有の超良い装備で固めた軍隊なので、
武装ゲリラ+小国正規軍なんて一ひねりかと思ったんだけど、ここしばらくを見てると
どうやらサウジ軍やUAE軍は完全に張子の虎だったみたいね…っての昨日までの情勢だった。

それがいきなりサーレハがアラブ連合側に寝返るのは本当に予想外。
いやね、サーレハはアラブの春で国を追われたときにサウジが保護してあげたこともあったし、
そもそもサーレハとフーシ派は北イエメンの政府と反政府ゲリラの関係だったので、
めちゃくちゃ仲が良かったわけでもない。
とは言えなぁ、武装ゲリラ+小国正規軍 VS アラブ連合軍が
武装ゲリラ VS 小国正規軍+アラブ連合軍になったら勝負にならんじゃないですか。
しかもサーレハはフーシ派を裏切った日の夜の内にサウジとの対話を始めるとか言ってるので、
これはもうサウジによる裏工作が実ったんだなぁとしか思えんよね。

でもうん、これはいいことです。
この内戦の間にイエメン国民は疲弊しきっており、大規模な飢饉やコレラの大流行が国中を覆ってるので、
ぶっちゃけ内戦なんかとっとと終わらせて国の復興に努めるべきなんだよね。
これでフーシ派は虫の息確定になったし、戦後もよもやサーレハとハディの内戦再び!
なんてのはサウジの例の皇太子が許さないでしょ。
なので、一刻も早くフーシ派をひねりつぶして、イエメンの復興を始めてほしいなぁ。
ちなみにこの内戦は日本人にも無関係ではなくて、
イエメン第二の港は主にイエメンの特産品の積出港として古くから発展した港で、その港の名前はモカと言う。
そう、モカコーヒーの積出港なんですよ。
それがこの内戦で積み出しはおろか、そもそものコーヒー豆の栽培もストップしてるので、
世界中で長い間イエメン産のモカコーヒーが手に入っていない。
コーヒー豆だけじゃなくイエメンの不安定は目の前のアデン湾の不安定を招き、
スエズ運河を通る全ての船舶がその影響を受ける。
アラブの春で不安定になった国々に対して、欧米はホントに冷淡だけど、
イエメンはその中でも特に放置されてきた感があるので、今回のような大きな動きは大歓迎だべ。

ただなー、これでまたサウジとイランの仲が悪くなりそうなんで、その辺がちょっと心配かなぁ。




12/3 (日)

北海道 人気ぬいぐるみ工房が生産終了 職人確保できず
> 日本の野生動物のぬいぐるみで人気を集めた「やまね工房」が、11月末で生産を終えた。
あ!この写真にもあるヤマネのぬいぐるみは自分も持ってますよ!
確か八ヶ岳に登った時に山小屋で見かけて、非常に可愛い&良く出来てて衝動買いしたやつだ。
へぇ、北海道のメーカーだったのか。
その昔は仕事場のデスクに置いてたので、ハタチさんがそれを奪って撫でたり握ったりしてたやつですよ。
懐かしいなぁ。
って、現物は今でも持ってるし、現にこれ叩いてる自分の真横のラックに置いてあるんですけどねw

プランクトンの青い輝きを閉じ込めてじっくり観察できる小型アクアリウム「BioGlo」
お、これは面白い。
いいなぁ、欲しいなぁ。
日本への送料がもうちょっと安くならないかなぁ。

北朝鮮ICBM、再突入失敗か=米本土攻撃技術は未確立−CNN
> 大気圏に再突入する際に分解していた可能性があると報じた。
あ、そうなんだ。
だったらまだ再突入技術は完成してないのか。
まぁでも、この頻度で実験をやってたら、完成もすぐだと思うけどね。

艦これ日記
まぁね、こんなに文句を言うなら乙なり丙なりでクリアしろって話ですけど、自分としても全然それには抵抗なかった。
ただねぇ、イベント前に西村艦隊組に実装された数々のボイスがさぁ。
こう、ものすごく漲ってる感じがするし覚悟完了してる感じがするんだよね。
なので「あ、甲と報酬が大して変わらんのでウチは乙でクリアします」とはねぇ、なかなか言い出せない感じがして…
もし仮にそれを言ったら
「見てください姉様、腰抜けが歩いて行きますわよ」
「これ山城、聞こえるところでは言わないの」
(聞こえなかったらいいんだ…)
(扶桑さんをしてそこまで言わせるとは…)
みたいになりそうでさぁ。
しょうがないから姉妹の復讐と言うか怨念と言うか鎮魂に自分も付き合うことに。
ただ、無制限に付き合うつもりはない。
むしろ次のイベントこそが本番なので、それまでに油と弾が30万貯めれる範囲でしか今イベントでは使わない。
となると、今イベントで使用できるのは油弾共に12万まで。
途中で甲を断念し、他の難易度で仕切り直す分も考えたら、油か弾が15万を切ったら甲は断念するって前提で始めた。
これでダメなら姉妹も許してくれるでしょ?だよね?ね?ってな具合で。

で、結局は今イベントは油弾共に28万からスタートして、クリアした今の残量がどちらも18万。
実際にはここしばらくの多忙と、イベント期間の短さもあったので、
今日中にクリアできなかったら難易度変更するつもりだった。
まだしおんちゃん掘りもあるしね。
と言う所だったので、今日クリアできてよかったし、ホッと一安心。
これ叩いてて思ったけど、上にも書いたように今回のE4のギミックは多すぎる。
となると途中で難易度変えるのが並大抵じゃないんだよね。
またあのギミックを初めっから解かなきゃいけないわけで。
そう言う意味でも、ちょっと簡易ルートとしての正攻法ルートは有って欲しかったな。

ま、それはともかく、とりあえずは姉妹も恨みを晴らせたし、晴れやかな声でお礼も言ってもらえたし、
鎮守府指揮官としての務めは果たせたかなぁ、と思ってます。
でも正直、もう二度とこんなのは勘弁。
おまけに女神積んでの大破進軍ももうまっぴら。
なのでホント、その辺次のイベントでは頼んますよ、マジで。
変な縛りなしに持てる戦力、取り得る戦術を縦横無尽に駆使してイベントをクリアしたいし、
積年の怨念を晴らすと言うよりも「我らは来たり、そして見たり、誓って共に勝たん」で
ドカーンと派手に吹き飛ばすような爽快感の伴うイベントがいいです。
なので、運営鎮守府にはその辺、よろしくお願いします。




12/4 (月)

香港エアソフトメーカー「A&K」が『M249』&FN公式ライセンス『Mk.48』ガスブロモデルを発売予定
なんかあっちこっちから立て続けに長物ガスブロが発売になるみたいね。
上のミニミはまだ詳細が分からないけど、WEからは今月中にトンプソンが出るらしいし、来月にはG3も出るらしい。
G3を待ってた人は多そうだよなぁ。
あと、ノーマルなAK74の製作も発表したとか。
いよいよWEからノーマルAKが出て来るか…
でも74じゃなくてAK47かAKMがいいんだよねぇ。
バリエ展開待ってますよ!
他には、S&TがFG42をガスブロで出すと発表したらしい。
FG42ってことは松栄のコピーなんだろうか?
最後に、ノースイーストエアソフトってところからステンのガスブロも出るらしい。
ステンなんてパイプと板だけで出来てるようなSMGをガスブロで作るなんて!
個人的にはWEのAKと最後のステンは興味深い。
これはちょっと続報が楽しみかなぁ。

中国に北朝鮮との戦争を警告した米国の危惧
> 11月上旬の米中首脳会談で、トランプ大統領が習近平国家主席に要求したのは、北朝鮮を対話のテーブルに引き出す、
> ということだったという。実際、米中首脳会談後、習主席は11月17日〜20日まで北朝鮮に特使を送ったものの、
> 結局、特使は金正恩氏には面会できずに終わった。
ま、これでTVの識者がよく言う「北はアメリカと交渉するために核開発してる」ってのは明確に否定されたね。
それはともかく、これ読むとアメリカは結構本気で交渉したがってる感じ。
まぁ当然ながら北は乗ってくるわけないので、その辺アメリカはまだ分かってないなとも思うけど。

ムガベ氏、辞表に安堵 親交の神父が内幕
> 弾劾成立が迫る中、同席した検事総長らが「まだ間に合う」とすぐに辞表を書くよう進言。
> この時点でもムガベ氏は「私は弾劾されるようなことはしていない。今辞めたらやましいことがあると思われる」
> と渋っていたが、最終的に「罷免は不名誉だ」との説得を受け入れた。
なんか予想通りの展開だったんだねぇ。
まぁ、独裁者の末路としてはかなり恵まれた部類だと思うけどね。
> 国軍は退陣に際し、ムガベ氏の訴追免除や身の安全などを保障したとされる。
と言うのもあるみたいだし。

UAEの原子力発電所にフーシ派がイラン製巡航ミサイルで攻撃
このニュースは第一報をTwitterで見たんだけど、見た時には思わず「ええっ!」と大きな声が出ちゃったね。
狙われた原発は建設途中で稼働していなかったし
> なおミサイルは飛行途中で故障したのか墜落した模様で、原子力発電所に被害は生じていません。
と言うことなんで、一安心ではあるんだけど。

ただまぁ、これは波紋を呼ぶよねぇ。
建設途中であろうが原発を狙うと言うのはあちこちの国の反発を呼びそうだし、
> フーシ派が公開した動画に映っていたミサイルはイラン製の地対地巡航ミサイル「スーマール」でした。
> 
> そしてイランがスーマール巡航ミサイルの存在を公表したのは2015年とつい最近の話です。
> その最新鋭のミサイルが何故かイエメンにある、つまりイランはイエメン内戦を戦うフーシ派に
> 最新鋭兵器を供給していたことがほぼ確実となりました。
って方面でもかなりの反発を招きそう。
と言うか、サウジの例の皇太子なんか激オコじゃないの?
フーシ派はまたヘマこいたよなぁ、まぁヘマかこうがかこまいが、彼らの命運はもう決まってるんだけど。

とか書いてたらこんなニュースまで!
サレハ前大統領を殺害=反政府組織が銃撃−イエメン
> フーシ派は4日、サヌアにあるサレハ氏の自宅を爆破。
> サレハ氏は逃走を試みたが、フーシ派戦闘員の銃撃を受け、死亡したという。
いや、サーレハはフーシ派の支配エリアの中から裏切りを発表してたのかよ…
その辺は中立エリアとか、なんならサウジ国内とかで発表しろよ…
とまぁ思う所は色々あるが、やっぱまぁこれでイエメン情勢の激動化は必至ですかね。
サーレハもまぁ気の毒ではあるが、ぶっちゃけこの人は冷戦以後アラブの春まで好き放題してきた人だし、
その後も以前は敵対してたフーシ派と組んだり、組んだのに微妙にフーシ派とは距離を保ってたり、
一時期はフーシ派とは手を切ったとか言っときながら気が付けば戻ってたりと、
まぁうん、殺されてもしょうがないかな感が無いわけじゃないよね。
一言で言うと自業自得。
これでサーレハ派の軍勢、それはつまりアラブの春以前のイエメン正規軍そのものなんだけど、
これをだれがどうかじ取りするのかが気になる。
散り散りになってフーシ派と合流とかしないといいけど…




12/5 (火)

景気拡大9割も…「実感と合わぬ」4割 100社調査
ええ、6割も実感と合ってると思ってるの?
て言うか、リンク先の図を見てると半分の人が経済指標通りな景気拡大を実感してんのか…
と軽く絶望しかけたが、
> 各企業の経営トップへの面談を原則に、11月13〜24日に実施。98社から回答を得た。
ってことなので、アンケート対象は社長さんだけなのか。
だったらまぁこんなもんかな。
ウチの会社の社長だって景気は良くなってると言ってるしね。
ウチの会社の場合は、不景気の時に手を出した部門がずっと赤字のまんまだからなぁ…
景気は良くなってウチ等の売り上げが上がっても、会社全体の売り上げは全然と言う…
あーあー、利益なき繁忙かぁ…

イスラム圏にリケジョが多い理由
> 例えばチュニジアとヨルダンでは、全ての高校生は卒業時に全国的な学力試験を受ける。
> そして家庭の社会的地位や経済力に関係なく、試験の成績によって進路を振り分けられる。
> 好き嫌いは関係なく、成績で全てが決まる。トップクラスなら医学部へ、次のクラスは理工学部、
> その次は法学部への入学を認められる。
へぇー、そういうシステムなんだ。
まぁ、国民の教育レベルを上げて国を豊かにさせるって意味では、ある意味合理的かもしれん。
今のチュニジアにはそう言うシステムは必要かもしれんが、
ヨルダン辺りはもうすでに十分豊かなんだし、もうちょっと個人の自由が有ってもいいようにも思うけどね。

「敵基地攻撃能力も」ミサイル購入方針
> 将来的に保有する方針のミサイルの中で注目されるのは、航空機から地上の目標へ発射される、
> 空対地ミサイル「JASSM-ER」。
> このミサイルの最大射程は、およそ1,000kmで、これは新潟から北朝鮮本土まで届く距離。
> 
> フジテレビ・能勢伸之解説委員は「こういう長距離の巡航ミサイルを検討するということ自体、
> 本当に北朝鮮をにらんでとしか言いようがない」と話した。
長距離巡航ミサイル導入、政府検討 北朝鮮も念頭に
> 政府関係者は「いずれのミサイルも離島防衛のため」と説明するが、核・ミサイル開発を続ける北朝鮮も念頭にある。
この手の長距離誘導弾の話となると必ず出てくるのが「目標捜索とターゲティングはどうするの?」なんだけど、
それを自分も言うと思った?思った?思ったでしょ?(ウザい)
いやまぁ、確かに対北で使うならその問題は全然解決されてない。
弾道弾の射場は狙えても北は撃たれることをとっくに想定済みだろうし、TELは見つからないし、
撃ちたい時にはSSBもとうに出港してるだろう。
対北では一つ目の目標に使えるので全然使えないわけじゃないが、効果的な抑止力や攻撃力とはなり得ない。
なんでね、自分はこれは北対策にかこつけた対中装備だと思うんだよね。
防衛省だってアホじゃないので、狙う場所が分からないと使えない誘導兵器を、
狙う場所を見つける手段も整備せずに導入するわけがない。
つまり、これは狙う場所が既に分かってる物に対して撃つためなんですよ。
北のTELの場所はもちろん分からないけど、中国が上陸した日本の島嶼の位置や目標は分かってる。
中国軍機が飛び立つ飛行場や南沙の埋め立て島の位置も分かってる。
そして数分で飛び出す弾道弾とは違い、対中での目標に対しては偵察衛星での定期的な監視でも十分。
なので自分は今回のJASSM-ER導入は北の危機を隠れ蓑にした、対中での将来的な装備調達計画なんだと思うな。
であるならば悪くないチョイスだよ。
ただまぁ、今後開発する対地誘導弾との棲み分けは?発射母機はどうするの?って問題はあるけど、
まぁ棲み分けは編成上だけの話だし、発射母機も
・F-35で使う
・F-2で使えるようにする
・P-1で使えるようにする
・F-15で使えるようにする
とまぁ選択肢は様々。
個人的には一番可能性は低いとは思うが、F-15のPreMSIP機を大幅改修するついでにF-15 2040相当にして
センサーノードとしてのF-35と組んでJASSM-ERやAMRAAMを乱射するミサイリアーとなれば良いなぁと思うんだけど、
まぁそれにはお金とかお金とかお金とかの大きな問題が立ちはだかるんだけど。

ただまぁ、この話を中国はどう見てるんだろうねぇ。
北の核開発は完全に中国の承認のもとで行われてると自分は思ってるけど、
北の核開発が継続するとこうなることは目に見えてたと思うんだよね。
北と言う緩衝地帯は確かに中国には重要だろうけど、日米韓の戦力増強具合によっては
そのメリットをデメリットが上回る日がいずれ来るんだろうか?
まぁ、韓国に対してはTHAADの追加配備禁止や軍事同盟の禁止を飲ませたから、
中国もデメリットを小さくする努力はしているし、それは成果も出てるんだけど。
でもさぁ、ぶっちゃけ中国は韓国の空軍海軍のみを相手してればいいので、韓国軍の脅威ってのは元からかなり小さい。
それを考えると中国が真剣に対処すべきなのは日米の戦力増強だと思うけど、
今んとこ対日ではあんまり上手くいってないようにも思える。
まぁ米軍と比べたら日本の戦力もこれまた屁みたいなもんなので、
中国にとっては対米に絞って戦力増強を阻止すればそれはそれで勝利なのかもしれんなぁ。




12/6 (水)

超私信
> 実際まろに圏での夜間事故は全部ロービームで起きてるそうで。
全国的にそうらしいね。
そういう事情も知ってるので、ハイビームにするなとはとても言えないが
> そしてハイビームが走行用前照灯、ロービームがすれ違い用前照灯と言うそうな。
と言うのは全国的に広まってほしいねぇ。
つーか、そういうのはドライバーが切り替えてたらウザったくてしょうがないだろうから、
やっぱ車の方で自動的に切り替えるような機構がほしいよなぁ。

wwww
まぁ確かにグロックのスライドセレーションは浅くて滑りやすいねw
こんぐらいギザギザしてればそうそう滑らないんだけど。
まぁそれはともかく、日本でエアガンだけ触ってるとこの辺はピンと来ないよね。
モデルガンはエアガンと比べるとスライドスプリングが硬いので、スライド引く時に「おっ!」って思うけど、
グアムで実銃を触った時には、その数倍の硬さに「なるほど、ショートリコイルは偉大だ…」って思ったよ。
偶に映画とかマンガでスライドを歯で噛んで操作してるのがあるけど、
実銃であれやったら前歯が全部欠けるの間違いなしですよ。

中国“再エネ”が日本を飲み込む!?
> もともと陸上風力などは、火力発電所とコストで競争ができるような電源だったんですけれども、
> 立地を選ばない太陽光が、2010年から14年の5年間で半分にコストが下がります。
> このことによって、太陽光ですら火力発電所と競争ができるような水準のものが出てきたということになります。
> 今起きていることは、そういう意味では政策で無理やり再生可能エネルギーを入れているというよりは、
> 安いので、市場が経済合理性から選択をしている。
へぇー、もうそんなになってるんだ。
また確かに太陽光発電のコストはパネルの性能次第で、パネルの性能は年々上がっていくだろうから、
いずれは太陽光発電は一番コストの発電になっていくとは思ってたし、
その進化の先には宇宙にソーラレイ並に発電パネルを並べることになるとは思ってたけど、
なんかそれってひょっとすると思ったよりも近い将来なのかもしれん。
ひょっとすると自分が生きてる内に実現する?

北朝鮮の新型ICBM「火星15型」は米国本土に届く“核ミサイル”か? そのメカニズムと能力を分析
> ただ、そうだとするとおかしな点もある。火星14型では、メインとなるロケットエンジンの周囲に、
> ヴァーニア・エンジンと呼ばれる小さなロケットエンジンが4基、円周状に装着されていた。
> ヴァーニアは噴射の向きを変えることができるようになっており、これを動かすことで
> ミサイルを制御することができる。メインのエンジンはただまっすぐ噴射し、ミサイルの姿勢や
> 飛行の方向を変えるときはヴァーニアを使うのである。
> 
> ところが、火星15型にはヴァーニアらしきものは見えず、かといって翼などの他の制御装置も見えない。
> しかしミサイルはたくみに制御されていた。これを説明するには、火星15型のメイン・エンジンそのものが動き、
> 噴射を方向を変えられる仕組みになっていると考えるしかない。
> 
> ちなみに発射翌日の朝鮮中央通信の報道では、このエンジンについて「推進力ベクトル制御を実現した」
> とされており、北朝鮮自身もそのように主張している。
> 
> メイン・エンジンを動かして機体を制御するというのは、米国や日本などの近代的なロケットやミサイルでは
> ごく一般的に使われている仕組みだが、オリジナルのRD-250にはなく、また北朝鮮にとっては、少なくとも
> これまで確認されているミサイルでは使われていない新しい技術でもある。
> 
> もし北朝鮮が本当にRD-250を手に入れて使っているのだとしたら、ノズルを動かすための独自の改良を加えた上で、
> 実際に打ち上げることに成功した、ということになる。あるいは、もしRD-250を使っていないなら、その技術力は
> よりたしかなもの、ということになろう。
なんと!
ジンバルでスラスター制御する新しいメインエンジンまで開発してたとは!
なんか今回の火星15号って北にとってはかなり素晴らしい成功作なの?

> しかし、たとえ他国レベルの小型化に成功していなくとも、大型の火星15型を使えば、実用的な兵器として
> 運用することができるかもしれない。たとえばElleman氏は、「北朝鮮が造れる核弾頭の質量は700kgほどと
> 推定されるが(ちなみに他国はその半分ほどで造れる)、しかし火星15型は1000kg(1トン)の弾頭を米本土に
> 飛ばせるだろう」と分析、米本土に核が届く可能性を指摘している。北朝鮮自身も報道で
> 「超大型重量級核弾頭が搭載可能」と述べており、重い弾頭を飛ばすことを念頭に置いて開発したことを示唆している。
そう、ペイロードは1t弱くらいかってのが一般的な見方みたいね。
1tかぁ…
水爆を1t程度にまとめるのは、今の北にとってはそんなに難しくなさそうだな…

1/35 SS Officer & Hungarian Coloniale Driver
全然どうでもいい話だけど、この見出しを見て
「ハンガリアン コロニアル ドライバー?
 ハンガリーの植民地兵のドライバーかな?
 つーか、ハンガリーって植民地持ってたの?」
と思って調べたら、オーストリア=ハンガリー二重帝国の頃は中国の天津とか、
太平洋やインド洋の小島を植民地にしてたらしい。
でも、このキットは明らかに二次大戦時のもので、その頃には二重帝国は無かったはずだけど…
と言う所で気が付いた。
> TB-35111 - Hungarian driver for 508 CM Coloniale WWII
あ、コロニアルって車のドライバーなのかw
フィアットが作った508 CM コロニアルって車があったのかww
全然知らんかったわぁ。



題字はあくあフォントを使わせて貰ってます
有限工房さん
のCGIを使わせて貰ってます

大変申し訳ないですが、リンクはご遠慮下さい
職場バレとかすると社会生命絶たれますんで…