富士川SAからの愛鷹山・箱根・伊豆方面

愛鷹山
富士川SAからは富士山以外にも愛鷹山から伊豆半島に至る山々の展望を楽しむことができる。まずは愛鷹山。この山塊も火山で、40万年前から10万年前に活動した火山群が侵食されたものだ。
湯河原・多賀・宇佐美火山
愛鷹山と天城山の間には伊豆スカイラインが走る尾根が見えている。愛鷹PAにも記述しているが、これらは伊豆半島を南北に走る東西二列の火山列の東側の列に属し、箱根火山に先立って活動した火山だ。古い順に宇佐美火山、多賀火山、湯河原火山と名付けられており、いずれもかなり侵食されている。宇佐美火山が45万年前ないし87万年前、多賀火山が43万年前ないし69万年前、湯河原火山が39万年前ないし51万年前(あるいは22万年前ないし34万年前)という年代測定値がある。
伊豆半島
伊豆半島の山々は手前の尾根に遮られて、天城山、達磨山、猫越山までだ。
達磨山・猫越山
達磨山と猫越山の拡大画像。達磨火山については愛鷹PAを参照されたい。猫越山は達磨山などと同じく伊豆半島の西側の火山列に属する古い火山で、77万年前という年代測定値がある。
天城山・達磨山
天城山と達磨山の拡大画像。天城火山については愛鷹PAを参照されたい。
天城山・宇佐美火山
天城山から巣雲山までの拡大画像。愛鷹PAで述べたように、巣雲山・矢筈山・遠笠山は伊豆東部単成火山群に属し、巣雲山から右に続く稜線は宇佐美火山の噴出物に覆われている。葛城山は伊豆長岡温泉の裏山だ。
多賀火山
上の画像から視点を左に移す。玄岳は現在残っている多賀火山の最高地点になる。
多賀火山・湯河原火山
玄岳から愛鷹山の山裾までの拡大画像。鷹ノ巣山の下を新幹線や東海道本線がトンネルで抜けている。鞍掛山は箱根火山の活動に先行する湯河原火山の最高地点である。孫助山や大観山なども箱根の外輪山の一部になっているが、実は湯河原火山に属する山々である。
(2002.11.9撮影、2002.11.14掲載)

前へ 次へ
トップページへ 峠道の往き還りへ 東名道編へ