足柄SAからの富士山・箱根・愛鷹山・丹沢

富士山
足柄SAといえば何と言っても間近な富士山。木立があるため裾野は見えず上半分になるが、それでも十分な迫力である。
箱根
富士山の背後にはこれも間近に箱根が迫っている。ただし、近過ぎて金時山をはじめとする北側の外輪山のみの展望だ。
愛鷹山
愛鷹山は角度が小さいため、あまり迫力がない。SAを出て下りにかかると前方に大きく迫ってくる。
丹沢
東を見ると丹沢の山々が辛うじて頭を出している。
(2002.11.9撮影、2002.11.14掲載)
こちらは下りSA内からみた丹沢。木立が邪魔になるため位置と角度を少し変えて撮影している。富士と箱根が圧倒的なため目立たないが、丹沢の主要部を西側から見ることができるSA・PAはここだけだ。
(2003.3.8撮影、2003.3.23掲載)

前へ 次へ
トップページへ 峠道の往き還りへ 東名道編へ