登別大湯沼

大湯沼の看板
大湯沼は倶多楽火山の側面に生じた爆裂火口で、日和山溶岩ドームに接している。
日和山山頂部 日和山溶岩ドーム
観光道路から見た日和山の山頂部。中央から激しく噴気が出ている 左の画像と同じ地点から見た日和山溶岩ドームの斜面。下半分は噴気のため白く変質している。
観光道路から見た大湯沼 地獄谷爆裂火口上部
観光道路から見た大湯沼。この高さまで湯気が立ち上る。 手前に見える舟見山、笠山の尾根を隔てて向こう側は地獄谷爆裂火口で、その上部の断崖が見えている。
日和山と大湯沼
奥の湯沼から見た大湯沼と日和山。日和山の山頂からの噴気が見えている。
大湯沼
大湯沼は名前の通り熱湯の沼で、沼全体から湯気が立ち上っている。日和山との境目あたり数箇所から特に激しく噴気が出ていた。
奥の湯沼の看板
奥の湯沼 奥の湯沼の沈殿物
大湯沼の奥にある奥の湯沼。同じ爆裂火口の一角にある 奥の湯沼の温泉沈殿物。医療用に採取されている。
(1999.8.5/1999.8.6撮影、1999.8.16掲載、2000.10.29記事修正、2005.1.28画像追加入替え・記事修正)

前へ 次へ
トップページへ 峠道の往き還りへ 北海道編へ 北海道のビューポイント(道南)へ