ビューティフル・ナイトへ戻る

NOW!

 ポールの「今」を報告するページです。ですが、全てを網羅できないと思いますので、出来る限り、また大きな出来事に対してご報告できればいいな!と思っています。

2012年   2011年  2010年  2009年 2008年 2007年    2006年   2005年  2004年 2003年 2002年 2001年 2000年 1999年


2005年12月

○ポール、グラミー賞3部門にノミネート

2月8日、第48回グラミー賞の候補者が発表され、ポール・マッカートニーがアルバム・オブ・ザ・イヤー、最優秀男性ポップ・ボーカル・パフォーマンス、最優秀ポップ・ボーカル・アルバムの3部門にノミネートされました。さらに、アルバムのプロデュースを手がけたナイジェル・ゴドリッチもプロデューサー・オブ・ザ・イヤー(ノン・クラシカル)部門にノミネートされています。また、ラヴィ・シャンカールの娘でシタール奏者のアヌーシュカ・シャンカールが、アルバム『RISE』で最優秀コンテンポラリー・ワールド・ミュージック・アルバム部門にノミネートされました。結果は2006年2月8日にロサンジェルスのステイプルズ・センターで開催される授賞式で発表されます。グラミー賞の公式サイトで、すべてのノミネートが公表されています。

○ビートルズ、UKチャート歴代ランキングの4位に


1952年からの全英シングル/アルバム・チャートのランク・イン期間を集計している『ブック・オブ・ブリティッシュ・ヒット・シングルズ・アンド・アルバムズ』が、2005年のチャート結果を加算した2005年版トップ100を発表しました。昨年3位だったビートルズは、クイーンに抜かれて4位となりました。1位と2位は昨年と変わらず、エルヴィス・プレスリー、クリフ・リチャードでした。


By BEATOPIA News(PC用URL)
http://homepage2.nifty.com/beatopia/
2005/12/30 UP

 


2005年11月

○ポールの北米ツアーが終了

ポール・マッカートニーの北米ツアー「US ON TOUR 2005」は、11月30日のロサンジェルス公演をもって全日程を終了しました。最終公演では「レット・イット・ビー」演奏中にスタッフがキャンドルを手にアリーナを歩く「サプライズ」演出が実施され、ポールは胸を打たれたようすだったといいます。

○ポールのライブ、宇宙に中継

現地時間11月12日にカリフォルニア州アナハイムで開催されたポール・マッカートニーのライブの一部が国際宇宙ステーションに向けて生中継されました。この試みは、今年8月、スペースシャトル「ディスカバリー」に宇宙管制センターからビートルズ・ナンバー「グッド・デイ・サンシャイン」が送られていたことがきっかけで計画され、今回も「グッド・デイ・サンシャイン」を含む2曲の演奏が配信されました。配信を受けたステーション内でのようすは、NASAテレビジョンでも生中継されました。

○『バングラデシュ』DVD、『ビルボード』で初登場1位

アメリカで10月25日に発売されたDVD『コンサート・フォー・バングラデシュ』は、11月12日付の『ビルボード』で、トップ・ミュージック・ビデオ・チャートとコンプリヘンシブ・ミュージック・ビデオ・チャートにそれぞれ1位で初登場しました。

また、10月24日に発売となったイギリスでは、10月30日付ミュージックDVD&ビデオ・チャートで1位となり、11月6日付では2位となっています。

○ポール、シアトルで絵本のプロモーション

11月3日のシアトル公演のため同地を訪れていたポール・マッカートニーが11月4日、絵本『あの雲のむこうに』のプロモーションのため、シアトルの書店サード・プレイス・ブックスを訪れました。この日は、絵本の代金と引換えにチケットを手にした客が、直筆サイン本をポールから直接手渡され、また、小学校の児童を対象にした朗読会も実施されました。



By BEATOPIA News(PC用URL)
http://homepage2.nifty.com/beatopia/
2005/12/30 UP

○ポール最新アルバムからセカンド・シングル「ジェニー・レン」に

ポール・マッカートニー公式サイトの10月24日のニュースで、新作『ケイオス・アンド・クリエイション・イン・ザ・バックヤード』からの2枚目のシングルとして「ジェニー・レン」がカットされ、イギリスで11月21日に発売されることが伝えられました。また、アルバム『ケイオス・アンド・クリエイション・イン・ザ・バックヤード』は、キャピトル・レコードのニュースによると、全米レコード協会によりゴールド・ディスクに認定されています。



By BEATOPIA News(PC用URL)
http://homepage2.nifty.com/beatopia/
2005/11/ 6 UP


2005年 9月

○ポールの全米ツアー始まる

ポール・マッカートニーの全米ツアーが予定どおり9月16日のマイアミ公演を皮切りに始まりました。公演では、ビートルズ・ナンバーを中心に各時代を代表する36曲(アンコール含む)が演奏されました。ニュー・アルバムからは「ファイン・ライン」「ジェニー・レン」「イングリッシュ・ティー」「フォロウ・ミー」の4曲が披露されています。

Pre-show (Freelance Hellraiser)
Film of Paul's entire life, childhood right thru the latest Super Bowl performance, about 15 minutes long.

Magical Mystery Tour
Flaming Pie
Jet
I'll Get You
Drive My Car
Let Me Roll It
Got to Get You In My Life
Fine Line
Maybe I'm Amazed
Long and Winding Road

Acoustic:
In Spite of All The Danger
I Will
Jenny Wren

Piano:
For No One
Fixing A Hole
English Tea (band comes back)
Yellow Submarine (short version)
I'll Follow The Sun (with reprise)
Follow Me
Classical tune he and George used to do together
Blackbird
Eleanor Rigby

Too Many People
She Came In Through The Bathroom Window
Good Day Sunshine
Band on the Run
Penny Lane
I've Got A Feeling
Back in the USSR
Hey Jude
Live and Let Die

Encore 1
Yesterday
Get Back
Helter Skelter

Encore 2
Please Please Me
Let it Be
Sgt. Pepper

By BEATOPIA News(PC用URL)
http://homepage2.nifty.com/beatopia/

2005/ 9/28 U
P

○ポールのニュー・アルバムがビルボードにチャート・イン

ポール・マッカートニーのニュー・アルバム『ケイオス・アンド・クリエイション・イン・ザ・バックヤード』はアメリカでは9月13日に発売され、10月1日付『ビルボード』誌のアルバム・チャートに6位、同インターネット・アルバム・セールス・チャートで3位に初登場しました。

2005/ 9/28 U
P



○ポール、津波被災者救済オークションに協力

世界から貧困をなくす活動をしている人道団体ケア・インターナショナルのイギリス支部が実施するチャリティ・オークション「アート・オブ・ケア」に、ポール・マッカートニーがはがきを提供しました。このオークションには、ポールのほか多数の有名人の手によるはがきが出品され、10月3日締め切りのEメール・オークションなどを通じて売却されます。収益はケア・インターナショナルUKの基金に寄付されます。

By BEATOPIA News(PC用URL)
http://homepage2.nifty.com/beatopia/
2005/ 9/28 UP


2005年 8月

○ポール、アビイ・ロードでパフォーマンス

7月28日、ポール・マッカートニーがアビイ・ロード・スタジオのスタジオ2で、わずか50人の観客を前に特別ライブを行ないました。これはBBCラジオ2の番組『ソールド・オン・ソング』のために実施されたものです。『NME』によると、ポールが演奏したのは9月発売予定のニュー・アルバム『CHAOS AND CREATION IN THE BACK YARD』からの8曲を含む17曲です。

'Friends To Go' 
'In Spite Of All The Danger' 
'Twenty Flight Rock' 
'Things We Said Today' 
'Too Much Rain' 
'How Kind Of You' 
'Band On The Run' 
'Fine Line' 
'Lady Madonna' 
'English Tea' 
'Heartbreak Hotel' 
'Jenny Wren' 
'I've Got A Feeling' 
'Follow Me' 
'Blackbird' 
Mellotron samples / 'Strawberry Fields Forever' 
'Anyway' 
'Jamming Track Finale'

By BEATOPIA News(PC用URL)
http://homepage2.nifty.com/beatopia/

2005/ 8/21 U
P

 

○ポール、新曲へのジョージの影響を語る

ポール・マッカートニーがBBCデジタル・ラジオ局6ミュージックでインタビューを収録しました。そのなかでポールは、ニュー・アルバムの収録曲「FriendsTo Go」へのジョージ・ハリスンの影響について語りました。BBCのニュースによると、ポールは「この曲は苦労することもなく自然に筆が進んだ」「自分がジョージになって、彼の曲を書いているような感じだった」とコメントしています。このインタビューは9月14日に放送される予定です。

By BEATOPIA News(PC用URL)
http://homepage2.nifty.com/beatopia/


2005/ 8/21 U
P

 


 

2005年 7月

○ニューアルバム発表決定!『Chaos And Creation In The Back Yard』

ポール・マッカートニーが、2001年の『ドライヴィング・レイン』以来4年振りとなる新作を発表します。
タイトルは『Chaos And Creation In The Back Yard』。

新作は、レディオヘッドやトラヴィス、ベックを手掛けたナイジェル・ゴドリッチとポールの共同プロデュース。「リリースを急
ぐつもりはなかった」とポールが語っている通り、ロンドンとロスアンジェルスで2年にわたりレコーディングを行なっています。

アルバムには昨年の欧州ツアーですでに披露されていた「Follow Me」など、13曲を収録。発売は9月12日に予定されています。国内盤の初回限定としてインタビューやレコーディング風景を収録したDVDが付いて9月14日に発売予定とされています。


2005/ 7/18 U
P

 

 

○ライブ8開催、ポールがオープニングとトリをつとめる

アフリカの貧困撲滅を訴える世界規模のコンサート・イベント、ライブ8が7月2日に9か国で開催されました。ロンドン公演にはポール・マッカートニーが出演しました。ポールはU2とともにコンサートのオープニングに登場し、「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」を演奏しました。ポールはトリもつとめ、エンディングでビートルズ・ナンバー数曲を演奏しました。

オープニング:Sgt. Pepper's Lonely Harts Club Band

1.Get Back
2.Drive My Car
3.Helter Skelter
4.The Long And Winding Road
5.Hey Jude

By BEATOPIA News(PC用URL)
http://homepage2.nifty.com/beatopia/

2005/ 7/ 5 U
P


2005年 6月

○ライブ8開催発表、ポールも出演

大規模コンサート・イベント、ライブ8の開催について、発起人のボブ・ゲルドフによって5月31日に正式に発表されました。これは、7月6日からの主要国首脳会議に出席する各国指導者に貧困の解決を訴えるのを主な目的とするイベン
トで、7月2日にロンドン、パリ、ベルリン、ローマ、フィラデルフィアの5都市で無料コンサートとして実施され、テレビ、ラジオ、インターネットで放送されます。ハイド・パークを会場とするロンドンのコンサートには、ポール・マッカートニーが出演し、ほかにボブ・ゲルドフ、エルトン・ジョン、スティング、コールドプレイなどが出演する予定です。ライブ8の公式サイトも開設されています。

○ポールの新プロジェクト、ツイン・フリークスのレコードが発売に

ポール・マッカートニーの新プロジェクト、ツイン・フリークスのシングル「Really Love You」と2枚組アルバム『TWIN FREAKS』がイギリスで発売されます。ツイン・フリークスはDJ兼プロデューサーのザ・フリーランス・ヘルレイザーと組んだリミックス・プロジェクト。ツイン・フリークスのサイトによると、発売日はシングルが6月6日、アルバムは6月13日とされ、どちらもアナログ盤のみでのリリースとなります。

○ポール、絵本を出版へ

ポール・マッカートニーが10月に子ども向け絵本を出版する予定であることが、出版元となるアメリカのペンギン・ヤング・リーダーズ・グループによって明らかにされました。絵本のタイトルは『HIGH IN THE CLOUDS: An Urban Furry Tale』
で、8か国での出版が計画されています。

By BEATOPIA News(PC用URL)
http://homepage2.nifty.com/beatopia/

2005/ 6/12 U
P


2005年 5月

○ビートルズ、史上初となる6作目のダイアモンド・アルバム

全米レコード協会(RIAA)は2000年発売のビートルズのベスト盤『ザ・ビートルズ1』を、アメリカでの売上げ1000万枚を超えたダイアモンド・アルバムとして認定しました。RIAAの5月3日付のニュースによると『1』はビートルズ6作目のダイアモンド・アルバムで、同一アーティストに6作品のダイアモンド・アルバムが認定されたのはビートルズが初めてとなりました。

○ポールのアメリカ・ツアー、日程追加される

4月18日に正式発表された今秋実施予定のポール・マッカートニーのアメリカ・ツアーは、各公演チケットの記録的な早さでの完売があいついでいます。これを受け、ポールの公式サイトで追加公演の実施が5月3日に発表されました。
http://www.paulmccartney.com/

 

○ポールがアメリカのタレント・エージェンシーに所属
ポール・マッカートニーがアメリカ最大手のタレント・エージェンシー、グラボウ&アソシエイツの所属アーティストに加えられました。これにより、ポールのブッキングについて同社のウェブサイトから申し込んだり問い合わせることが可能になっています。同社のラインナップには、リンゴ・スター&ヒズ・オール・スター・バンドなども含まれています。
http://www.grabow.biz/HighBudgetSpecialEvents/

By BEATOPIA News(PC用URL)
http://homepage2.nifty.com/beatopia/

2005/ 5/30 U
P

 

○ポールのアメリカ・ツアーが発表に

ポール・マッカートニーが9月から11月にかけて実施するアメリカ・ツアーの日程が、4月18日に正式に発表されました。このツアーは、9月16日のマイアミ公演から11月29日のロサンジェルス公演まで、11週に及ぶ26都市28公演が予定された大規模なものとなります。ツアーに合わせてニュー・アルバムのリリースも予定されています。

9月16日(金) マイアミ American Airlines Arena
9月17日(土) タンパ St. Pete Times Forum
9月20日(火) アトランタ Philips Arena
9月22日(木) フィラデルフィア Philadelphia Wachovia Center
9月23日(金) フィラデルフィア Philadelphia Wachovia Center
9月26日(月) ボストン Fleet Center
9月27日(火) ボストン Fleet Center
10月4日(火) ニューヨーク Madison Square Garden
10月5日(水) ニューヨーク Madison Square Garden
10月8日(土) ワシントンD.C. MCI Center
10月10日(月) トロント Air Canada Centre
10月14日(金) デトロイト The Palace
10月15日(土) オーバンヒルズ Palace of Auburn Hills
10月18日(火) シカゴ United Center
10月19日(水) シカゴ United Center
10月22日(土) コロンブス  Value City Arena
10月23日(日) ミルウォーキー Bradley Center
10月26日(水) セント・ポール Xcel Energy Center
10月27日(木) デモインウェルズ Fargo Arena
10月30日(日) オマハ Qwest Center
11月1日(火) デンバー The Pepsi Center
11月3日(木) シアトル Key Arena
11月4日(金) ポートランド Rose Garden
11月7日(月) サンノゼ HP Pavilion
11月8日(火) サンノゼ HP Pavilion
11月11日(金) アナハイム Arrowhead Pond of Anaheim
11月12日(金) アナハイム Arrowhead Pond of Anaheim
11月16日(水) サクラメント ARCO Arena
11月19日(土) ヒューストン Toyota Center
11月20日(日) ダラス American Airlines Center
11月23日(水) フェニックス Phoenix Glendale Arena
11月25日(金) ラスベガス MGM Grand Garden Arena
11月26日(土) ラスベガス MGM Grand Garden Arena
11月29日(火) ロサンゼルス STAPLES Center
11月30日(水) ロサンゼルス STAPLES Center

  

 

○アルバム・ベスト100にビートルズの3作品がランク・イン

イギリスのテレビ局チャンネル4が優れたアルバム100枚を選ぶ投票を実施し、4月17日に同局で結果が放送されました。ビートルズ作品は7位に『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』、10位に『リボルバー』、12位に『ザ・ビートルズ』(ホワイト・アルバム)の3タイトルがランク・インしています。また、ジョン・レノンの『イマジン』が21位に入りました。1位に輝いたのはレディオヘッドの『OKコンピューター』でした。

○ジョージ・マーティンのDVDのためポールがインタビューを収録

豪華本の制作で知られるジェネシス出版は現在ジョージ・マーティンのドキュメンタリーDVD『THE PRODUCER』を制作中ですが、同社ウェブサイトの4月7日付のニュースによると、このほどポール・マッカートニーがそのDVDのためのインタビューを収録したもようです。収録時ポールはアコースティック・ギターで「イエスタデイ」も演奏したといいます。このDVDにはリンゴ・スターなども協力しています。

By BEATOPIA News(PC用URL)
http://homepage2.nifty.com/beatopia/

2005/ 5/ 3 U
P

 


2005年 4月

葬送曲の第8位に「レット・イット・ビー」

デジタル・テレビ局ミュージック・チョイスが、視聴者に自分の葬式に使いたい曲を尋ねる投票を実施し、イギリスとヨーロッパ全域それぞれのベスト10を発表しました。ヨーロッパでの第8位に、ビートルズの「レット・イット・ビー」が選ばれています。1位はクイーンの「ショウ・マスト・ゴー・オン」でした。

○ポール、病気と闘う子どもたちを支援するチャリティに協力

重い病気を抱えた子どものキャンプ体験を支援するネットワーク「アソシエーション・オブ・ホール・イン・ザ・ウォール・キャンプス」のチャリティ・イベント「スターズ・イン・ザ・スカイ」に、ポール・マッカートニーが参加することになりました。このイベントは4月21日にニューヨークのリンカーン・センター内のアベリー・フィッシャー・ホールで行なわれ、ポールのほかには、ポール・ニューマン、ジュリア・ロバーツ、トニー・ベネット、メアリー・J・ブライジ、ロビン・ウィリアムズなどが出演します。このニュースは「アソシエーション・オブ・ホール・イン・ザ・ウォール・キャンプス」のサイトに掲載されています。

○ポール、ニューヨーク消防局に絵画を寄贈

ポール・マッカートニーと夫人のヘザー・ミルズ・マッカートニーが個人的に所有していた絵画をニューヨーク消防局に寄贈しました。寄贈されたのは、ニューヨーク消防局の消防車が描かれた、ロン・クラインマンの作品。父親が消防団で活動していたこともあるポールは「深い尊敬と感謝を込めて、この絵を我が家から贈ります」と述べました。この絵はニューヨーク市中の消防署で順次展示される予定です。

By BEATOPIA News(PC用URL)
http://homepage2.nifty.com/beatopia/

2005/ 4/ 4 U
P

  

2005年 2月

○ポール、スーパーボールのハーフタイム・ショーに出演

2月6日、ポール・マッカートニーがプロ・アメリカン・フットボール・リーグNFLの頂上決戦スーパーボールのハーフタイム・ショーに出演しました。2月3日、記者会見に出席したポールは、記者の質問に答えて「愛と平和のメッセージを伝えたい」などと語りました。2月6日の試合当日は、BGMに「バンド・オン・ザ・ラン」が流れるなか、グラウンドに設置された特設ステージに、赤いTシャツにストライプのジャケット姿のポールが登場。「ドライヴ・マイ・カー」「ゲット・バック」「007/死ぬのは奴らだ」「ヘイ・ジュード 」を演奏しました。

 

  

 

○ポール、この秋に全米ツアーを実施と語る

2月6日、ポール・マッカートニーがこの秋に全米ツアーを実施すると語りました。スーパーボールのハーフタイム・ショーに出演した際、試合放映時に受けたインタビューのなかで明かしたもので、ツアーは9月16日にマイアミからスタートし、11月のロサンジェルス公演で幕を閉じる予定とのことです。

By BEATOPIA News(PC用URL)
http://homepage2.nifty.com/beatopia/

2005/ 3/13 U
P


2005年 1月

ポール「感極まって」1億8500万円寄付

ポール・マッカートニー夫妻がスマトラ島沖地震による津波の被災者に対し、「感極まった」として100万ポンド(約1億8500万円)を寄付することが明らかになった。

○エイズ撲滅活動に提供したポールの曲がダウンロード販売中

前南アフリカ大統領で人権活動家のネルソン・マンデラ氏が主宰するエイズ撲滅キャンペーン「46664」に、ポール・マッカートニーがチャリティ・ソングを提供しています。曲は2003年10月にユーリズミックスのデイヴ・スチュワートとレコーディングした「Whole Life」です。「46664」のサイトでこの曲をダウンロードすることができ、ダウンロードにはコンピューター・メーカーのアップルが提供する音楽ソフトウェアiTunesが必要となります。利用者がダウンロードの際に支払う料金はネルソン・マンデラ・ファウンデーションに寄付されます。このほか、マンデラ氏とクイーンの「Invincible Hope」、ジミー・クリフ、スティング、トニー・レベルの「People」、DA UNIVERSAL PLAYAZの「Freedom's Coming」も提供されています。

○ポールの新年のメッセージ

ポール・マッカートニーが公式サイトに新年のメッセージを掲載しました。「今年はとても楽しみ。わくわくするような計画がいろいろあります。まずはアメリカン・スーパーボウル」と始まったそのメッセージは、「ニュー・アルバムを完成させる予定」であると続き、そのほか新たな計画を含め「すべて計画が固まったら発表します」としめくくられています。

By BEATOPIA News(PC用URL)
http://homepage2.nifty.com/beatopia/

2005/ 1/17 U
P

  

2012年   2011年  2010年  2009年 2008年 2007年    2006年  2005年  2004年 2003年 2002年 2001年 2000年 1999年


ビューティフル・ナイトへ戻る   トップページへ戻る