LIVE FANTASTICへ戻る ビューティフル・ナイトへ戻る

Paul McCartney "Out There" Japan Tour 
In Osaka, April 21st 2015

アウト・ゼアー・ジャパン・ツアー 2015 京セラドーム大阪 

 


Paul McCartney  Out There Japan Tour In Osaka

2015年 4月21日(火)京セラドーム大阪 (大阪ドーム)

曲目

 

1.MagicalMysteryTour 20.Lady Madonna
2.Save Us 21.All Together Now
3.Can’t Buy Me Love 22.Lovely Rita
4.Jet 23.Eleanor Rigby      
5.Let Me Roll It 24..Being for the Benefit Of Mr. Kite!
6.Paperback Writer 25.Something
7.My Valentine 26.Ob-La-Di, Ob-La-Da
8.Nineteen Hundred And Eighty Five 27.Band On The Run
9.The Long And Winding Road 28.Back In The U.S.S.R
10.Maybe I’m Amazed 29..Let It Be
11.I’ve Just Seen A Face 30.Live And Let Die
12.We Can Work It Out                   31.Hey Jude
13.Another Day       Encore.1)
14.Hope For The Future 32.Day Tripper
15.And I Love Her 33.Hi Hi H  
16.Blackbird 34.I Saw Her Standing There 
17.Here Today Encore.2)
18.New 35.Yesterday 36.Helter Skelter
19.Queenie Eye 37.Golden Slumbers/Carry That Weight/The End

 2014年5月・・・それはもう国立競技場での突然の中止。更には武道館も含めた全公演中止となった1年前。あの時国立初日と次の日に期待したファンの落胆は凄かった。私は辛うじて大阪公演のみであった為に現場で中止といったことは発生しなかった。

 今となって本音を言うと「もう日本公演は無いのかも?」と感じながらの一年。しかし2014年末にPaulは日本でのことについて少し言及し、裏の話では4月又は5月に再々来日するかもとの噂が流れ始めました。それが実現するとは想いもしなかたのが私は浅はかなファンなんだと反省です。

 今回の来日公演にて私は思いました。1月に正式発表があった時点で2013年のセットリストでも良いと。もう一度最高のPerformanceを体験したいと思ったことことに嬉しさがありました。そんな大きく変わらないセットリストでも音楽で人を楽しくさせることを教えてくれるのがPaulMcCartneyと言う人ではないかと思ってなりません。私自身は1公演しか行っていませんが最高のコンサートを私的で感想を残していきます。

記憶で書いていますの曖昧な部分や情報ミス等もありのすがご了承ください。
尚、私的コンサートレビューです。誤字脱字が一杯あります、時々修正します。ご了承ください。 Hiro.G

 

2015年 4月21日(火)

〇京セラドーム着

 16時40分頃に京セラドーム周辺に到着。既にドーム周辺ではファンの方々でゴッタ返していました。今回も私はこの大阪公演のみであり、グッツを購入が先と考えていました。不思議とこの時感じたことは大阪ドームに来たのは2002年以来であたことに思わず感動したところでした。

  グッツ販売会場も凄い人達であり凄い行列である状態。17時頃に最後尾で並び進まない中でも約40分踏ん張りパンフレットとキーホルダのみ購入。行列で待っているとお知り合いの方と出会いSoundcheckの様子を教えてもらいました。そのお話ではOpeningは変わる可能性があるとのこと。そんな外でのドーム状態でした。

(photo by Hiro)


 グッツを購入後はドームの下に降りてみました。突然に目に入ったのは"OutThereJapan2015"のトレーラーが駐車してまして数人の方が写真を撮っていらっしゃいました。

 2013年の福岡では走るトレーラーを撮ったのみでしたので、やっと停車でしていることでゆっくりと撮影させてもらい、私から女性ファンの方へ「私が撮りましょうか」と撮影した後、私のカメラでも撮影して頂きました(どなたか分かりませんがありがとうございます)

 その後は再度ドーム外の周辺に戻り大混雑の中チケット片手に入場。


(photo by Hiro)


○会場内へ(アリーナ席)移動

 
18時30分程度でドームアリーナ内へ。2013年は正面ステージからして右側でしたが、今回は左側。それでも福岡と同様にとてもステージが近い。更にはファンのご友人との再会も果たしたり開演前に楽しい時間を共有され頂きました。

  少し経ち18時40分辺りか両screenにOpening Film的とMusiCcollageがスタートしました。2013年の経験がファンの心にも残っているのでどんな曲が流れるのか皆さん分かってられた方も多く、これも一つのShowとして見ている方が多かったのが今回の特徴かと。更には"Besame Mucho"が流れ始めるとかなりテンションが徐々に高ぶっている様な会場の雰囲気。

  スクリーンと連係した形で".SillyLoveSongs"〜"TemporarySecretary"が流れると会場では皆でリズムに合わせ手拍子を始めたことに私驚き。2013年での知っていた方が多かった証拠かと思った次第でした。今回は凄い特徴とだったかもしれません。どんどん盛り上がってきます。


(photo by Hiro)



○Paulがステージへ!!!


 
そして"The End"が流れ大喝采と!!

 おおよそ1910分です。Paulは手を上げながらバンドメンバーと登場! 一気に盛り上がりを見せます。そしてOP曲はそのままなのか? どうなのか? 私の人生でPaul来日公演の初日というのは始めてであり・・・大きな期待は失礼ながらしてなかたのですが結果スタートは日本では22年ぶりとなる"MagicalMysteryTour"!


(photo by Hiro)


 この日は黒っぽい?スーツ(いや紺色?)。今までの海外公演のLive動画でも見ての通りベースを弾く姿に余裕も感じられる。この段階で私自身は後のセットリストは変わらないと実は確信していました。

 それを物語る様にPaulのlive流れとして続けて"
Save Us" もうこの曲は"Jet"に変わり2曲目として確立した気がするし予定通りにリフが流れた時にはやはり嬉しい気持ちと安定したvocalと演奏でRock気分へ持って行ってくれる。


 
いつものPaulLiveとしては定番です。ここでご挨拶が入ります。

 
「マイド! オオサカ!!!!」  ここではカンペなし。さすがに初日で且つ久し振り日本語なので右下を見ながら「カエッテ…カエッテ キタ!   カエッテ キタヨ!!」と初日少しほどぎこちない感じも。「コンバン ニホンゴ ガンバリス!」と前回同様。

 セットリストが同じであれば次は"All My Loving"と思いきや、ここはPaulにハメられました日本では2002年来の"Can’t Buy Me Love" 後ろの絵は変わりありませんでしたが久し振りに生で聞くこの曲に更にRockさせてもらいました。それてにしもBeatlesでのLiveから51年です。歌いながら演奏する姿が昔と変わらない。演奏が終わると大喝采の中で「thank you オオキニ!!」と。


(photo by Hiro)

 2013年では Listen To What The Man Said゛ でしたがの演奏前にはさらに大阪でのスクリーンに日本語字幕が出ることのMCがあり。皆でパーティーということで意外と久し振りであった"Jet"へ。

このBandメンバーとなってから早10数年。更にエイブのドラムのタメが多く凄いノリで迫力が違う凄さを見せつけられました。

 さてここでの定番は上着を脱ぐところです。ジョン・ハメルがカラフルなレスポールを渡しに来たついでに上着を投げるところ。ジョン・ハメルとの息もピッタリと感じる瞬間です。

 「OK thank you osaka!」とちょっとカンペを見ようとしたのですが、そのまま"Let Me Roll It"へ。Paulはリフの間に暑くなったのかやたら右腕の裾を上げていました。

 更に2013年はステージに少し近かった為に巨大スクリーンを見る機会が少なく、また後ろの演出もあまり見えなかったのです(2013年はかなりPaulばかり見ていました)。今回は巨大スクリーンも目に入るので、"Let Me Roll It"でのエイブとウイックスのハイテンションの姿をじっくりと楽しむことが出来たのが最高の気分。いつも冷静な感じのウイックスの楽しそうな姿にこちらも嬉しくなります。

  またGuitarリフの部分でPaulは暑くなったのか腕まくりをしながら弾いていたり。完奏後のJimi Hendrix"Foxy Lady"のリフからPaulのリードギターで披露されますが、今回も長めにソロを弾きまくっていた気がします。

  ここで「This Guitar〜」とMCを入れるPaul。しかしスクリーンに出る字幕スーパーを気にしてか? 「チクチク〜」と裏でキーボードを打ってることをアピールしながら「60年代に使ったGuitarだよ」として゛Paperback Writer゛へ。2013年と大きく変更はなくEpiphonecasinoを使用しendingでのノイズ(フィールドバック)を聞かせる。今回はラスティーがGuitarを宙に飛ばすシーン無かったかな! 


 「ツギノ キョクハ オクサン Nancy ノ タメ デス!

 "My Valentine" 2013年と同じ演出であるが、やはり近年の曲です。Paulの声もとても素敵に歌われるところが皆さん聴き入ってしまっている。やはりバックにMV(PV)が映ることが更に曲を更に良くしている。演奏後は胸の辺りに手でハートを表現するPaul。



(photo by Hiro)

 「オオキニ!〜 This next song Wingspan!!」Paul。この流れは見事に"Nineteen Hundred And Eighty Five"勢いは2013年と変わらないけどendingへ向けてのラスティーのギターソロはかなりの聞かせどころで更に盛り上がる


 演奏後
thank you Wingpan!!!」と手でWingspanを示してから、少しほどPaulは体を横に振ったりDance的なノリ?凄くを楽しそうにしている。そして、いつものピアノのフレーズが聞こえ始めた"The Long And Winding Load"です。ステージ正面の演出と相まって素晴らしい歌声を聞かせてくれました。ここの流れにはやはりBeatles解散間際でのLindaとの想いを感じさせるのではなかろうか? と思ってならなく次の"Maybe I’m Amazed"の紹介での「This Next Song For Lnda」と続くことが物語ってるきがしてます。しかしこの時のウイックスのノリは完全にLindaへ向けての気持ちが入り切っている姿に感動さえ覚えます。このメンバーでLindaと一緒にLiveをしたのは今とになってはPaulとウイックスだけですものね。


(photo by Hiro)

 アコーステックGuitarに切り替え「ノットル カイ!!」と。"I’ve Just Seen A Face"へ。演奏後この日は意外とDance的な軽い動きをしてくれるPaul。今まであまり見たことない姿を見てくれています。「アリガトウ オオキニ〜」とスロー気味に。

 続き"We Can Work It Out"へ。今思うとこの曲も50周年であった訳ですね。安定した演奏と歌声、そしてJohnが作ったところの歌詞も今輝いている。この曲が何時までも残ることを感じる凄い曲。

 


(photo by Hiro)


 "Another Day"を演奏。今回もGibsonの12弦Guitarです。メンバーそれぞれのコーラスやウイックスもGuitarを演奏するところ。これらは1993年と変わりない光景です。しかし何時聞いても良い曲です。何故にPaulの曲は口ずさみたくなるのか? いつも凄いことと思う。

 


(photo by Hiro)

 

 演奏後はこのセットリストであれば"And I Love Her"と分かっていたつもりでした。少しGuitarを切り替える時に下のカンペを軽く見流してました。そうしたら・・・

 「ツギハ セカイ ハツコウカイ!」で一気にAudienceの大歓声! 果たして何を演奏するのか? 日本公演の初日にして本当の意味で初めてとなる曲でした。

 2014年12月リリースされた新曲"Hope For The Future"!

 まさか演奏されるとは思いもせず、現在でもI-Tune又はアナログ盤でしか聞けなかった新曲がLiveで。72歳現在の形でのPaulの歌声に素晴らしさを感じたしLiveで聞くと更に良い曲ということが分かる一つの例だと思ったステージバックのスクリーンには例のゲームで使用されているものが流れでいたことも凄く良かった。本当にこんな嬉しい初日はない位です。

 しかし・・・残念なところはさすがにリリース形態が悪いために聞いたことが無いファンも多く少しほど静まり返った人もいらっしゃったみたいです。

 さて次は2013年同様に"And I Love Her"です。今回も最後のファルセットも見事で本当に聞かせてくれます。演奏後はステージ正面から左側へ少しの挨拶。

 「Me Too!」と一言。バンドメンバーは下がりPaul一人でのコーナーへ。

"Blackbird" 今回は60年年代の黒人差別についてのMCは無く直ぐに演奏へと。2013年同様にPaulの立つ場所が演奏中にせり上がるという演出で次の曲で既に頂点にいる状態。

 「ツギノ キョクハ ジョンのタメデス!!!」 "Here Today"へと。水が流れる様な風景とPaulとJohnのことを本当に感じることが出来る名曲。「I Love You」と入る歌詞にいつも感動してしまいます。

 そして大喝采の中で見落としがちなんですがこの時見えたのはPaulはGuitarを上げて中でエイブとウイックスが後ろからステージへ戻って来てる姿も確認。

 


(photo by Hiro)

 


 「lovely People!」と "NEW"です。まさかPaulの最新作が2013年と続き2回目が聞けるとは思いもしなかた自分。どこをどう聞いても素晴らしい曲だと思う。

 "Queenie Eye"へ。今回はステージ後ろの映像もよく見えるので歌詞の意味と相まった感じが良く伝われました。これも2013年と同じように2度も聞けるとは思わかった名曲。やはり良い!

 


(photo by Hiro)



 
演奏後はスタンド席へ向けてMCが入り、ここでは少しのAudienceとの掛け合いか始ります。「おぉ〜」や「ヒーハー」で一気に"Lady Madonna"へ。私の当時の感覚なのか? 今回は少しほどリズムが遅くなった気がしたのですがどうでしょうか? しかしこの手の曲は完璧なvocalと思ってならないし、後ろのスクリーンで色々な女性の姿が流れる中さりげなくLindaが出たダイアナ元妃やエリザベス女王など・・・有名な方々が流れていく。実は私が意外と驚いていたのは1920年代のダンサーであるジョセフィン・ベーカーが出てくるところにかなり驚いていました。

 「All right Thank you! This Next Song Sgt peppers Album〜」と言った途端にPaul間違えに気付き「嘘ついた〜!」と「Yellow Submarine album〜」と言い直しましたが本人"Lovely Rita"と勘違いしたみたいです。これ意外とコケテしまうシーンあったので凄く楽しかった。こんなことも生のLiveの醍醐味なのかもと思う瞬間。

 そして何気なく"All Together Now"のリズムを刻みだしたPaul。やはり凄い。よく考えれば2013年の福岡公演でのこの曲で少しトチッたこのも思い出しましたよ。しかしこの単調な曲でのAudienceのノリはこれまた大盛り上がり皆さんPaulと一緒になって歌っている。そこが凄い所と思ってなりません。

 


(photo by Hiro)


 「Thank you! All Together Now!!」でGuitarチェンジです。ここで先ほどの間違えであったことを「次は本当にSgt peppers Album〜!」と言い直し""Lovely Rita"
へ。ステージ後ろスクリーンが良く見えるので、あらゆる風船の形が曲と相まって幻想的に感じてしまいた。控えめな曲ながらもLiveでも栄えることに今回も驚きです。

 


(photo by Hiro)



 演奏後Guitarチェンジ「ゲンキ カイ!」、「I talk Japanese?」と。ちょっとばかりAudienceの反応が薄くて少し苦笑いのPaulの姿。

 エイブもラスティーも下りてきて"Eleanor Rigby" 実はこれも今までステージ裏の絵が見えなかったので今回は映画"
Yellow Submarine"から使用されてることがよくわかりました。完璧な演奏後はやはりBeatles時代から同じと思う少しのお辞儀をするところまったく変わらない。更にGuitarチェンジです。持ってきたジョン・ハメルへ「thank you John!」と。

 今回珍しいのはここでキーボードやピアノ又Guitarやハーモニカなど全般Paul Wix Wickensを紹介するPaul。よく考えれば1989年から現在まで約26年間のパートナーとなっている訳でWixがスクリーンで少し恥ずかしそうにしてるの姿が何故か嬉しい気分になったり。WixにとってはLndaとのことも常に頭にあるのではないかと思ったり。Paulは日本語で「アリガトウWix! 」とても素敵なシーンでした。

 


(photo by Hiro)


 
「This Next song From Sgt.Pepper's 〜」と話しJohnの曲である"Being for the Benefit Of Mr. Kite!"へ。かなり完成度が増した感じ。余裕で歌とベースを弾いている。2013年と同様に間奏時にドーム天井にカラフルに舞う光が幻想的でPaulから目を話してしまうくらい。これがShowなんだと思うばかり。

 


(photo by Hiro)




 ヘフナーから例のGeorgeからのウクレレへ持ち替え、会場へ向けて手を振るPaul。スタンド席に向けでもアピールしている。

 そして"Something"へ向けてのMC・・・やっぱり嬉しい「ツギハ ジョージ ニ ササゲマス!」とウクレレからスタート。何時見てもバックにGeorgePaulが映る光景とPaulの歌声・・・更にはBand演奏となりラスティーの完璧なるGuitarソロにもう圧巻です。


(photo by Hiro)



 
「定番となる日本語「イッショニ ウタオ ヤ!"Ob-La-Di, Ob-La-Da"!。しかしカウント始まりPaul思わずGuitarビックを持って無い状態。急いでポケットからピックを。間に合った!って感じでした。

 演奏後
Very Good!」とAudienceへ上手に歌えたことを表現しながら次の曲へ。

 "Band On The Run"です。もう慣れきった演奏といえど生で聞くとやはり小声で"Band On The Run"って言ってしまう自分かいる。それにしても今でも間奏の部分で足を蹴る様なことをするのが定番というのも凄く嬉しい。

 Paul今回は何度か腰を振る様な姿が度々みられています。あれノリノリの気分なんでしょうか? そんなことをしていたら飛行機の離陸音・・・いや聞こえてきた! あれ?ちょっとズレがある様な? ドラムとGuitarが合わない形で「アレ????」と思った"Back In The U.S.S.R"です。

 
あの始まりは少しミスだったのでしょう。でも止めずにそのまま演奏へ持っていたことが逆に凄いと感じたことでした軽いミスがあるからこそ生liveの良い所です。最初以外は全てパーフェクトで聞かせてくれたし本物のRockなんだと! やはりカッコいい。この曲が終わると今や定番のPaulとエイブとの指刺しが! これ意外と合すの難しいのではないかといつも思っていたり!  しかしカッコよい。

 ここでPaulはベースのボディー側を片手で持ってヘフナーを見てくれる。ジョン・ハメルにベースを渡しグラウンドピアノへ。Audienceからの喝采を大きく浴びながら言葉は無かったけど体全体でニコってしているPaul。少しほど次の曲へ行くタイミングに戸惑った感じもあるのかな?




 "Let It Be"
へ。バックの映像にはまるでLindaへの追悼なランプが会場を包みながらPaulの素晴らしい歌声に驚くばかり。遅まきながら感じたことが間奏のGuitarソロ中でPaul結構激しくピアノで表現していること驚いた。今のBandでの形なんだと思うばかり。演奏後立ちあがったり両手を掴んで少し小さめに「thank you」

  このセットlリストであれば次は分かるのですが・・・あれれ?「なんだこの雰囲気は?」と思わすシーン。エイブのドラムとブライアンのベース音、そしてラスティーの微かなフィールドバック゛一定に音を出してきている。ピアノからスタートでないのか? 何か違うことでもするのか? 

 いや突然あのピアノのフレーズ"Live And Let Die"です。あの演出には相当驚き、また新しい形でこの曲が進化してるではないか! 何時もの形でPaulのvocalが入る。CDなどでは既に耳たこ状態ながら、この曲ほどPaulの生liveを体験しないとダメだと思う。とにかく何もかも迫力が違う。あの爆発音や、定番ですがラスティーが倒れるシーンは何時見ても興奮します。

 


(photo by Hiro)

 

曲のエンディングへ向かうところでもうAudienceは熱狂の嵐です。最後の爆音と熱風はここでしか感じることができないでしょう。最後の爆発でPaulはジェスチャーでしたが耳をふさいだりなど大きくジェスチャーを繰り返しながらマジックピアノまで。その間も驚いたとの表現で手を心臓の辺りへと振る舞うところはさすがです。

 


(photo by Hiro)



 マジックピアノの椅子に座ると「Everybody Say!!!」Everybody All Right!!!」とPaulとAudienceの掛け合いが。そして"Hey Jude"へ。ピアノから離れリフレインへとPaulの指導? で皆歌ってる。最初は男女皆で。最初は「ウタッテ ジョシ!」とPaulみると女性の体のラインを表現してみたり、続けて女性だけで「One More Time ジョシ!」と。

 



 「ウッテ ダンシ!」 今度は男の力強さ的なジェスチャーしながら続けて「OK Come On ダンシ!!」そして皆がリフレインを続ける中Band演奏に戻りステージ後ろではAudienceの姿が一杯。お知り合いの方々も映り凄く嬉しくなった。こんなところにLiveを皆と楽しみたいという気持ちがPaulから伝わってくる。最後は周りへ「You Great! You Great! You Great! 」と。


 バンドメンバー全員が並び挨拶! この時のメンバーの表情もとても楽しそう。そしてPaulはステージから下りた。

Paulはすぐに戻ってきた!(約3分弱?)



 Paulは日本の国旗を振り回し、そしてウイックスがユニオン・ジャック! そして何故か今回はラスティーがアメリカ国旗で3国の国旗が回ってる。ラスティーも母国のこと表現したいよね! ちなみにエイブが持っている小さな旗はなんだろうかと? ブライアンは何か人形みたいな感じ? 本当素晴らしいバンドなんだと思うばかり。

 


(photo by Hiro)



 旗をスタッフに渡し後にPaulは「OK Thank You! サイコー!! ホンナ イクデ!!」と エイブに向きハイハットのカウントでスタート"Day Tripper"へ。


 終わると・・・Paulは下にあるカンペか次の曲の確認か? "Hi Hi Hi"へ。Wingsナンバーとして歌詞も色々と取り方ありますが70歳代の今のPaulが歌うことに嬉しくたまらない。個人的には2013年も生で聞けて今回も生で聞けたことが凄く嬉しい。

 Rockして更にそのまま「1.2.3.4!」と"I Saw Her Standing There"
(2013年はここでほとんど"GetBack"だそうで福岡では"I Saw her〜"でしたが今回も"GetBack"は私にとってお預けとなりました) 

 この一回目のアンコール3曲全部Rockで飛ばすところ凄い。曲が終わりPaulはピックを口に挟んだままメンバーが並んだら口からピックを取り挨拶。この時何故かメンバーささやかにジャブ! ステージ右側へも手を振ってから左がへステージから下がっていたPaulとメンバー。


(photo by Hiro)



約1分後にEpiphoneTexanを抱えてステージへ。「ドウモ アリガトウ thank you!」と帰ってきた。

 そのまま"Yesterday"のコードがスタート。
定番とは言えど生で歌声で聞けることの素晴らしいメロディー。
もうこの曲Texanで聞けることだけでも最高です。感動し曲が終わると優しそうに手を上げるPaul。

 さてここはある意味コントなのか? ジョン・ハメルがベースと交換する為にPaulに近づくと何やらPaulは「なに僕に何の用?」みたいな感じ。ジョン・ハメルもニコニコとしながらベースを渡し彼も思わずAudienceへ手を上げてました。

 Paulは「Let's Rock!」 ともうあの曲でしょう!  強烈なGuitarリフが!
"Helter Skelter" ここまで一体何曲したのだろか? こちらが分からなくなる位にまだまだ激しく走るPaulに圧巻。もう何も言えない位のハードさ!Bandとの一体感は完璧です。

 


そしてグラウンドピアノに移り話し始めます。

「モウ カエル ジカン デス!」

Sound,Videoscreen,Lighting,Best Crew・・・」 etc

「My Band Fantastic Band!」

メンバー全員も嬉しそう!

"You!"  アリガトウ〜!!!!!」

そして最後の曲です。あのフレーズが聞こえてきました"Golden Slumbers"


"Golden Slumbers/Carry That Weight/The End"
の2013年と2度も生で聞けるとは私にとっては何にも変えられない超名曲。昔から話していますが、1990年のソロ初来日は行けませんでした(クローズド・サーキットのみ)。2度目と言えど、やはり心の中で本当に涙が出そう。

"Carry That Weight"での盛り上がり・・・そして"The End"へなだれ込む・・・PaulがピアノからGuitarに移る瞬間のスリリングを今回も感じながらとにかくPaulから目を離さないようにと。そしてあのGuitarバトル・・・どこをとってもカッコいい。Paulの最後のGuitarフレーズであの歌詞が・・・

And in the end, the love you take is equal to the love you make

この歌詞は人として全ての人たちに通じる言葉・・・こんなに心に響くことに感謝し感動する。

そして本当に最後だ! メンバーとPaulは挨拶し気持ち少々ジャンプ?



(photo by Hiro)

「マタ アイマショウ オオサカ! 」

「ホナ マタ!」


See You next Time!!!  

 


(photo by Hiro)

 

そして紙吹雪が突然のように、そして勢いよく吹かれていく!Paulはステージから去った。

 私にとっては来日公演にて初めて初日を体験することが出来ました。元来セットリストは変わらないと前向きに考えていたこと。それで良かったのです。何故って次の曲が何かが分かるから。それがPaulMcCartneyのLiveではないでしょうか。もちろん一部だけ変えたところはあったけど2013年と同様としてもやはり生Liveに接することは最高であり新しい発見や、ちょっとしたミスも演出的にも思う。コアなファンであればもっと演奏したことない曲が聞きたいと思う(私もそんな気持ちが少しはありますが)。でもこれがBeatles時代から現在までのPaulのLiveスタンスです。


楽しまなきゃね! また逢いましょう!



尚、この日は21:50頃終演しました。Live時間は約2時間40分と思います。

Special Thanks To: Nobutsugu Miyaki, Jash, AraumiYa, Taul, HarukaSaso&RichardJohansen, AkioNakata, M.Namiki, KaoruIkuta​, MayumiSato, NaokiNakamura, NaokiSuda ,Poly(I.W),勝丸桂至

そしてファンの皆様ありがとうございました!

 


Paul McCartney "Out There Japan Tour  2015

来日決定〜来日前夜まで


アウト・ゼアー・ジャパン・ツアー 2015 

日程

2015年4月21日(火): 京セラドーム大阪 : 大阪公演  会場16:30 開演18:30〜
2015年4月22日(木): 東京ドーム : 東京公演 会場16:30 開演18:30〜
2015年4月25日(土): 東京ドーム : 東京公演  会場16:30 開演18:30〜
2015年4月27日(月):  東京ドーム : 東京公演  会場16:30 開演18:30〜
2015年4月28日(火):  日本武道館 : 東京公演  会場17:30 開演18:30〜
来日メンバー

・ポール・マッカートニー : ギター/ベース/ピアノ
・ウィックス・ポール・ウィッケンズ : キーボード/パーカッション/ギター
・ラスティー・アンダーソン : ギター
・ブライアン・レイ : ギター/ベース
・エイブ・ラボリエル・ジュニア : ドラム





2015年 1月29日(木)
○正式発表

 昨年末よりファンの間では噂が飛び交っていた、ある意味「再々来日」がこの日の夕方にて発表されました。どうも開催地である東京や大阪にて号外が発行されたのが最初の発表かと思われます。


 この日のTV関係では18時以降のテレビ朝日夕方のニュースで発表のようです。

 

〇チケット価格と販売

 1月29日(木)チケットぴあでチケットの抽選予約開始されたようです。またファンクラブ(BCC)も会員へ向けで18時以降にチケット予約を開始した模様です。  


(大阪/東京共に)
S席  18,000円
A席  16,000円
B席  14,000円
 

2015年 2月11日(水)
○"VIP Soundcheck"の案内と販売開始/チケット一般発売も開始。

 
今回も2月6日にてVIPチケットが今回の公演も販売されることが発表されました。2013年同様に「サウンド・チェック」を観覧できるようになっています。


内容は3種類
・フロント・ロー・サウンドチェック・パッケージ:93,500円(税込) 
 (サウンドチェック参加、ツアーグッズ+ツアーパス、本番最前列)
・ホット・サウンド・パッケージ:83,500円(税込)
 (サウンドチェック参加、ツアーグッズ+ツアーパス、本番3〜7列目)
・サウンドチェック・パッケージ:67,000円(税込)
 (サウンドチェック参加、ツアーグッズ+ツアーパス)

20年前にてLIPA(音楽学校)設立の資金確保の為に同様のことがありました。当時の価格は一公演約50名で10万の価格でした。

またしても私は行けません・・・。5月月以降ご感想宜しくお願いいたします。



※2013年もこのコーナー更新できませんでした。すいません。来日前夜など時間が出来れば事後的に追記できればと思っております。

  


2002年も2013年、そして幻の2014年に続き今回の2015年来日も随時アップ等あるHPです。最新情報は是非下記のページへ。


Jash Paul McCartney Page

 

2013年"Out There Japan"の福岡公演等のレビューは以下となります。合せてどうぞ。
Paul McCartney "Out There" Japan Tour In Fukuoka 15.Nov  

 

また13年前とはネットの使用方法も変わり、SNSなどでご感想等々を発信されてい方が多いのですが、ここでは古い状態ですが、下記掲示板にて楽しいことなや期待することなどあればお書き頂ければ幸いです。

[Hiro's掲示板]


LIVE FANTASTICへ戻る    

ビューティフル・ナイトへ戻る   トップページへ戻る